第30回チャレンジ富士五湖ウルトラマラソン中止のお知らせ


今年、30回となる記念大会開催を予定していたチャレンジ富士五湖ウルトラマラソンは、新型コロナウイルス(COVID 19)の発生、感染拡大による影響により参加者および大会に関わる多くのボランティアスタッフはじめ関係各位への感染が懸念されるため開催中止を余儀なくされることになりましたことを謹んでご連絡させていただきます。
中国武漢で発生した、新型コロナウイルスはパンデミックとなって日本をはじめ世界各国に感染拡大したことはご承知の通りで、東京五輪も開催について議論がされ始めている状況に至っています。
人一倍健丈な体力をもったウルトラランナーのみなさんには、よしんば感染してしまった場合でも肺炎を凌駕する体力を具備されていることは想像出来ますが、ウイルスの感染拡大にともなってご家族や小さなお子様への二次、三次感染を引き起こす可能性は十分考えられます。
これらを鑑みますと長い歴史を有する本大会であっても開催を強行することが果たして良策なのか、という検討・議論を実行委員会内では大いに悩みましたが結論は先に述べた通りです。
また大会会場となる富士北麓公園は3月17日現在閉鎖状態であり公園再開の目途は明確に立っておりません。
1991年、たった13名の有志による参加からはじまり29年の歴史をウルトラマラソン愛好者の皆さんとともに築いてきた本大会を中止することはまさに断腸の思いであり準備してきた1年が水泡に帰すことは悔しい限りです。
本大会にエントリーくださった参加者の皆様には続けての事務局からのご案内をご確認下されば幸甚です。

2020年3月17日
大会プロデューサー
坂本雄次


今後の対応について


現段階での国内新型コロナウイルス(COVID-19)の状況や、世界保健機関(WHO)が新型コロナウイルスについて「パンデミック(世界的流行)」と表明したことを受け、大会実行委員会では改めて検討・協議を重ねてきましたが、大会に関わるランナー・ボランティアスタッフならびに地域の皆様に対し、安全で安心な大会運営がお約束出来ない状況となり苦渋の決断となりますが「第30回チャレンジ富士五湖ウルトラマラソン」の開催は中止とさせていただきます。
大会事務局でも開催に向けて様々なことを検討しましたが、このような結果となってしまい大会開催を切望していたランナーの皆さまには、大変申し訳なく感じております。何卒ご理解賜りますよう宜しくお願い申し上げます。

参加者の皆さまへの対応について
「第30回チャレンジ富士五湖ウルトラマラソン」にご参加いただきました皆さまへは以下の通りの対応をさせていただきます。

①アーリー特典、参加賞について
本大会でお渡しする予定だったアーリー特典、参加賞につきましては大会事務局より発送させていただきます。

②第30回チャレンジ富士五湖ウルトラマラソンエントリー者特別料金の実施
下記対象3大会で「第30回チャレンジ富士五湖ウルトラマラソンエントリー者特別料金」でのご案内をさせていただきます。

「2021チャレンジ富士五湖ウルトラマラソン」開催日:2021年4月中旬予定
「第8回白山白川郷ウルトラマラソン」開催日:2020年9月13日(日)
「第20回丹後100kmウルトラマラソン」開催日:2020年9月20日(日)

・特別料金でのエントリーをご希望される方は、3月19日より開始する「丹後ウルトラマラソン」「白山白川郷ウルトラマラソン」の一般エントリーはされないようお願いいたします。
・今秋の2大会で一般エントリーをされてしまった方は、同大会での特別料金でのエントリーの適用は出来ませんので、ご注意下さい。
・特別料金のエントリー方法につきましては、改めてご連絡させていただきます。
・今春の富士五湖ウルトラマラソンで駐車料金をご入金いただいた方へは特別料金から、さらに駐車料金分を差し引いた金額でご案内をさせていただきます。

③宿泊直行バス・前夜祭・応援バス等をお申込みの方の対応に関しましては、こちらをご確認下さい。

※参加賞等の発送時期、特別料金の金額設定、エントリー方法に関しては4月中旬頃、改めてごホームページ、メールでご連絡させていただきます。

2020年3月17日
チャレンジ富士五湖
ウルトラマラソン大会事務局

WORLD HERITAGE SERIES / THE NORTH FACE